<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

夕方閣議で陛下にご負担 官房長官「宮内庁と相談して対応したい」(産経新聞)

 平野博文官房長官は4日の記者会見で、夕方の閣議開催によって天皇陛下の夜間のご執務が相次いでいることについて「天皇陛下のご負担にならないように宮内庁と十分相談をして対応したい」と述べ、閣議開催の時間に配慮する考えを示した。

 平野氏は「国会の日程で(夕方の閣議開催が)やむを得ない場合はご理解をいただかなければならない部分もあるかもしれないが、極力ご負担のならないようにしたい」と語った。

 政府は1月18日の通常国会召集後、鳩山由紀夫首相や閣僚の答弁準備の時間確保のため、夕方に閣議を3回開いた。平野氏は陛下の執務時間に影響を与えることは「本来の趣旨ではない」と釈明した。

【関連記事】
天皇陛下「夜のご執務」相次ぐ 書類が来ない…
内閣法制局長官 鳩山政権で役割変質か
天皇陛下、体調崩される 風邪の症状など
「らしさ」大切にしたい 波多野院長に聞く皇族の“学習院離れ”
講書始の儀でのご進講内容、全文をHPに掲載

男性胸切られ死亡=車に助け要請、殺人で捜査−福島県警(時事通信)
【中医協】10対1入院基本料にも看護必要度(医療介護CBニュース)
公明、太田前代表衆院選へ(産経新聞)
雑記帳 トラフグの皮で美肌プリン開発 別府のホテル(毎日新聞)
長時間作用型のインフル治療薬を承認申請―第一三共(医療介護CBニュース)
[PR]
by ujyp1xmyo4 | 2010-02-06 03:37

爆窃団、仙台の盗品も所持…捜査員香港へ(読売新聞)

 東京・銀座の「天賞堂銀座本店」から約2億5000万円相当の腕時計が盗まれ、実行犯とみられる爆窃団の男3人らが香港で起訴された事件で、男らの所持品には仙台市の百貨店での被害品が含まれていたことがわかった。

 警視庁は2日、香港に捜査員を派遣し、天賞堂事件について、現地の法律に基づいて処罰を要請する「代理処罰」を求めるための情報交換を行うほか、別の被害品を持っていた経緯についても調べる。

 捜査関係者によると、香港警察は男ら6人を逮捕後、日本から国際郵便で送られた小包5袋を潜伏先で発見し、腕時計181点を押収した。その中には、天賞堂の被害品のほか、仙台市の百貨店で2006年9月に腕時計116点(6600万円相当)が盗まれた事件の被害品があったという。

 この事件は、外壁が壊されるなど、天賞堂事件と手口が酷似しており、警視庁など警察当局では、男らの出入国記録を調べるなどして、仙台事件への関与についても調べを進める方針。

鳩山首相 施政方針演説 理念強調も新政策の詳細示さず(毎日新聞)
偽一万円札使用、同一グループか=記番号一致、被害50枚超に−東北4県(時事通信)
<鳩山首相>小沢氏の招致、明言せず…参院代表質問(毎日新聞)
朝青龍、示談書を警視庁に提出(読売新聞)
<化粧>「男のくせに」はもう古い(毎日新聞)
[PR]
by ujyp1xmyo4 | 2010-02-05 06:11

<三重大病院>過失認定 国に6千万円賠償命令(毎日新聞)

 病院が適切な治療を怠ったため長男(当時3歳)が手術後に低酸素脳症になり5年後に死亡したとして、三重県松阪市の父親(36)らが、三重大医学部付属病院を当時運営していた国を相手取り、長男が生きていれば稼いだであろう収入や慰謝料計約1億2600万円を支払うよう求めた訴訟の判決が28日、津地裁であった。堀内照美裁判長は、約6000万円を支払うよう国に命じた。

 堀内裁判長は「医師の注意義務違反による酸素供給の低下が低酸素脳症を招いた」と指摘。その後遺症による肺炎を併発し5年後に死亡したことについての因果関係も認めた。

 長男は1997年3月、同病院で、大動脈が食道や気管を取り囲んで圧迫する疾患「血管輪」と診断され、99年9月に手術を受けた。術後、脳に障害が残る低酸素脳症に陥り、四肢が動かない寝たきりの状態になった。2004年5月には肺炎を併発し、死亡した。

 父親らは、手術で人工呼吸器を気管に入れるのに手間取ったため低酸素血症になり、さらに採血したことで脳への酸素運搬能力を低下させたと病院側の過失を主張していた。

 国側は「医師の医療行為に過失はなかった」と反論していた。【福泉亮、大野友嘉子】

【関連ニュース】
中日応援禁止:球場締め出しは無効 名古屋地裁判決
いじめ訴訟:病気との因果関係認める 最高裁が差し戻し
在韓被爆者訴訟:長崎地裁で和解 1次原告127人
広島・いじめ訴訟:いじめで病気、賠償を増額へ−−最高裁差し戻し

吉田松陰の書状発見 門下生あて 著作断念の思いつづる(産経新聞)
<7歳児虐待死>「ごめんなさい」の泣き声 背中、腕にあざ(毎日新聞)
<鳥取不審死>強盗殺人容疑で36歳女を再逮捕(毎日新聞)
小沢氏進退「本人が判断」=鳩山首相(時事通信)
メッセージ展 被害者遺品に受刑者も涙 東京・立川拘置所(毎日新聞)
[PR]
by ujyp1xmyo4 | 2010-02-04 07:27

<可視化研究会>2月5日始動 捜査手法2年かけ検討(毎日新聞)

 取り調べ全過程の録音・録画(可視化)とその代替措置としての新たな捜査手法を検討する中井洽国家公安委員長の私的研究会「捜査手法、取り調べの高度化を図るための研究会」が来月5日からスタートすることになった。民主党はマニフェスト(政権公約)に可視化の導入を掲げているが、中井国家公安委員長は「おとり捜査や司法取引など新たな捜査手法の導入とセット」が持論で、約2年間をかけて検討を進める方針だ。

 委嘱された委員は、岡田薫・元警察庁刑事局長ら警察OB2人▽高井康行・青山学院大法科大学院教授ら検察OB2人▽小坂井久・甲南大法科大学院教授ら日本弁護士連合会が推薦する弁護士2人▽ジャーナリストの桝井成夫氏−−ら有識者12人。この研究会とは別に、警察庁の関係課長らでつくる内部の勉強会も設け、海外の事例研究などを行う。

 可視化を巡っては、法務省が昨年10月、メリットや捜査に与える影響などの論点整理をするため、政務三役を中心とした省内の勉強会を既に発足させている。【千代崎聖史】

【関連ニュース】
足利事件再審:可視化集会で菅家さんが講演
石川議員逮捕:弁護人、取り調べ全過程の可視化申し入れ
千葉法相:取り調べ可視化導入に意欲 韓国を視察
小沢幹事長:「与えられた職務に全力」 続投を改めて示す
可視化法案:今国会提出「難しい」…千葉法相ら

大阪・道頓堀の名物「大たこ」立ち退き命令(読売新聞)
1月前半寒く、後半温暖=降雪量少ない−気象庁まとめ(時事通信)
百貨店の井筒屋、暴力団会合に1万円弁当(読売新聞)
次官から局長へ降格可能…内閣人事局方針(読売新聞)
ボンバル機、2機引き返し=警告灯点灯−大阪空港(時事通信)
[PR]
by ujyp1xmyo4 | 2010-02-03 09:10

総務相、名古屋市の住基ネット離脱に反対(読売新聞)

 原口総務相は28日の参院総務委員会で、名古屋市の河村たかし市長が住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)からの離脱方針を示していることについて、「年金記録(問題の解決)に住基ネットが役立っている。直ちに切断して多くの市民に不利益を被らせることは適切ではない」と反対する意向を表明した。

 離脱を強行した場合の対応については、「現行法に基づいて適切に執行したい」と述べ、再接続するよう地方自治法に基づく法的措置を取る方針を示した。公明党の魚住裕一郎議員の質問に答えた。

「押尾氏は救命活動、女性遺棄でない」…弁護団(読売新聞)
学力テスト抽出率にばらつき 対象外でも自主参加可能(産経新聞)
東海道新幹線 運転を再開…架線切れ一時ストップ(毎日新聞)
<山口大>2学部で不正経理1億円超 「預け金」の疑い(毎日新聞)
<ハイチ大地震>現地で活動、熊谷さん帰国「水と食糧必要」(毎日新聞)
[PR]
by ujyp1xmyo4 | 2010-02-02 10:56