夕方閣議で陛下にご負担 官房長官「宮内庁と相談して対応したい」(産経新聞)

 平野博文官房長官は4日の記者会見で、夕方の閣議開催によって天皇陛下の夜間のご執務が相次いでいることについて「天皇陛下のご負担にならないように宮内庁と十分相談をして対応したい」と述べ、閣議開催の時間に配慮する考えを示した。

 平野氏は「国会の日程で(夕方の閣議開催が)やむを得ない場合はご理解をいただかなければならない部分もあるかもしれないが、極力ご負担のならないようにしたい」と語った。

 政府は1月18日の通常国会召集後、鳩山由紀夫首相や閣僚の答弁準備の時間確保のため、夕方に閣議を3回開いた。平野氏は陛下の執務時間に影響を与えることは「本来の趣旨ではない」と釈明した。

【関連記事】
天皇陛下「夜のご執務」相次ぐ 書類が来ない…
内閣法制局長官 鳩山政権で役割変質か
天皇陛下、体調崩される 風邪の症状など
「らしさ」大切にしたい 波多野院長に聞く皇族の“学習院離れ”
講書始の儀でのご進講内容、全文をHPに掲載

男性胸切られ死亡=車に助け要請、殺人で捜査−福島県警(時事通信)
【中医協】10対1入院基本料にも看護必要度(医療介護CBニュース)
公明、太田前代表衆院選へ(産経新聞)
雑記帳 トラフグの皮で美肌プリン開発 別府のホテル(毎日新聞)
長時間作用型のインフル治療薬を承認申請―第一三共(医療介護CBニュース)
[PR]
by ujyp1xmyo4 | 2010-02-06 03:37
<< 「政治主導確立法案」決定、国会... 爆窃団、仙台の盗品も所持…捜査... >>