<可視化研究会>2月5日始動 捜査手法2年かけ検討(毎日新聞)

 取り調べ全過程の録音・録画(可視化)とその代替措置としての新たな捜査手法を検討する中井洽国家公安委員長の私的研究会「捜査手法、取り調べの高度化を図るための研究会」が来月5日からスタートすることになった。民主党はマニフェスト(政権公約)に可視化の導入を掲げているが、中井国家公安委員長は「おとり捜査や司法取引など新たな捜査手法の導入とセット」が持論で、約2年間をかけて検討を進める方針だ。

 委嘱された委員は、岡田薫・元警察庁刑事局長ら警察OB2人▽高井康行・青山学院大法科大学院教授ら検察OB2人▽小坂井久・甲南大法科大学院教授ら日本弁護士連合会が推薦する弁護士2人▽ジャーナリストの桝井成夫氏−−ら有識者12人。この研究会とは別に、警察庁の関係課長らでつくる内部の勉強会も設け、海外の事例研究などを行う。

 可視化を巡っては、法務省が昨年10月、メリットや捜査に与える影響などの論点整理をするため、政務三役を中心とした省内の勉強会を既に発足させている。【千代崎聖史】

【関連ニュース】
足利事件再審:可視化集会で菅家さんが講演
石川議員逮捕:弁護人、取り調べ全過程の可視化申し入れ
千葉法相:取り調べ可視化導入に意欲 韓国を視察
小沢幹事長:「与えられた職務に全力」 続投を改めて示す
可視化法案:今国会提出「難しい」…千葉法相ら

大阪・道頓堀の名物「大たこ」立ち退き命令(読売新聞)
1月前半寒く、後半温暖=降雪量少ない−気象庁まとめ(時事通信)
百貨店の井筒屋、暴力団会合に1万円弁当(読売新聞)
次官から局長へ降格可能…内閣人事局方針(読売新聞)
ボンバル機、2機引き返し=警告灯点灯−大阪空港(時事通信)
[PR]
by ujyp1xmyo4 | 2010-02-03 09:10
<< <三重大病院>過失認定 国に6... 総務相、名古屋市の住基ネット離... >>