大阪府と政令2市が連携会議設置へ 学力向上やいじめ対策で(産経新聞)

 大阪府と大阪市、堺市の教育長が14日、大阪府庁で会談し、人事交流や学力向上策で協力を進めるほか、共同して暴力行為やいじめなどの対策に取り組む「生徒指導連携推進会議(仮称)」を設置することなどで合意した。これまで教育施策は、政令市の両市教委は府教委とは別に実施しており、3教委が事業連携を行うのは初めて。

 会談後、大阪市教委の永井哲郎教育長は「それぞれでやるよりも一緒にやる方が効率良くできることもある」。府教委の中西正人教育長は「互いに学び合い、大阪の教育がよくなるように連携したい」と語った。

 同会議は平成22年度の設置を予定。非行防止のための警察との協議も別々に行っていたが、3教委が連携を進めるという。

【関連記事】
[学力テスト] 鳥取知事、抽出方式を批判 「確認手段なくなる」
[体力テスト] 対策遅れの大阪と素早い対応の高知で明暗
日教組の組織率、最低の27%に 28万人を切る
死ぬのをやめた体験記録 『生きテク』反響どこまで
倉吉北は対外試合禁止1年 再び部内暴力やいじめ

沖縄に内閣分室の設置検討=普天間で地元との連絡緊密に−政府(時事通信)
妻かくまう義母に殺意 大阪・発砲男 重体男性も死亡(産経新聞)
<中医協>救急軽症患者の特別料金ルール化で協議(毎日新聞)
「君もヒルズ族に」学生コロリ…契約内容理解せず(読売新聞)
札幌ドーム、今年も婚活シート…昨年100組(読売新聞)
[PR]
by ujyp1xmyo4 | 2010-01-18 14:47
<< 鈴木宗男氏、特捜部大批判「検察... 首相動静(1月12日)(時事通信) >>