コンテナ収納を再開=ISS滞在の山崎さん、アームを操作(時事通信)

 【ヒューストン時事】国際宇宙ステーション(ISS)に滞在する山崎直子さん(39)は15日午後(日本時間16日朝)、ロボットアームを操作し、コンテナ「レオナルド」をISSから取り出して米スペースシャトル「ディスカバリー」に収納する作業を再開した。
 米航空宇宙局(NASA)によると、山崎さんは15日午前に作業に取り掛かったが、ISSとコンテナの結合部で電気系統のトラブルが発生し、作業は中断。ケーブルを再接続した結果、問題は解決したという。コンテナはISSから外されたままで、日本時間夕方にはシャトルの貨物室に収納される見通し。
 山崎さんは7日夜、アームを使って円筒形のコンテナをISSに設置した。コンテナは大型トラック程度の大きさで、実験・観測用のラックや食料などが入っており、山崎さんはこれら物資の搬送責任者「ロードマスター」を務めた。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
〔用語解説〕「国際宇宙ステーション」

堺の男児虐待死、同居23歳男「発熱、泣きやまず腹を押した」(産経新聞)
「アバター」海賊版DVD所持=著作権法違反、露天商を逮捕−大阪(時事通信)
日ロ首脳が会談へ(時事通信)
新党参加見送り、邦夫氏「私への消極論あった」(読売新聞)
田辺三菱製薬に再発防止申し入れ 日本薬剤師会(産経新聞)
[PR]
by ujyp1xmyo4 | 2010-04-17 14:32
<< 沖縄通過の中国艦艇 沖ノ鳥島を... 伝統工芸を上海万博から発信 岩... >>